お墓掃除なら 京都の富士コーポレーション

お墓掃除の 富士コーポレーション
回忌法要
墓石 ※四十九日法要

人の死後、四十九日の間を仏教では「中陰」といいます。
これは人が死んでから次の生を受けるまでの
間の状態の事で、死者は成仏出来ずにさ迷っていると言われます。
亡くなった日から数えて七日ごとに、初七日(しょなのか)、
二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、
五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、七七日(なななのか)と言い
死者は七日ごとに裁判を受けると言われています。

七七日、つまり四十九日を中陰の期間が終わる日、「満中陰」と言い
この日を境に忌明けとなります。
忌明けには僧侶に読経していただき、親族や故人が親しかった友人などを
招いて手厚く法要を執り行います。
最近では遠方から来る方や仕事の事を考え、忌明けの前の土日に法要を
執り行うケースも増えています。
また、この日に納骨をして、納骨の法要も合わせて行ったりもします。




















































































トップページ
お墓の掃除
お墓の種類
お墓の名所
お墓参り
お墓の近況
回忌法要
料金案内
会社概要
お問い合わせ
グーグルマップ











サイトマップ
Copyright(c) 2009 All Rights Reserved.ohaka-kyoto.com